Curry History

カレー南蛮の歴史

田中屋(屋号)杉本商店は東京市四谷区で、食堂と業務用食品卸売り問屋を数店舗営んでいました。明治三十年頃、日本そば屋さん向けの食材を販売するかたわらで軽便カレー粉の製造が始まります。

当時、四谷の杉大門通りに杉本チヨの弟が営む日本蕎麦店があり、西洋風味のカレーと日本人好みの鴨南蛮そばを合わせて売り出したのが、カレー南蛮の始まりと伝えられています。

軽便カレーとは
軽便(ケイベン)とは「お手軽」「即席」という意味です。インド料理や英国カレーとは違い、イギリスのカレーパウダーと小麦粉を煎り合わせて、とろみをつける日本式のカレールーです。
多種のスパイスを調合できる知識や経験が少ない方でも、簡単にライスカレーを作る事の出来る、当時では画期的な商品です。製造方法を受け継いで販売を始めましたが、あまり人々に知られていなかったので、人気の料理雑誌に広告を出したり、色々な献立を載せて人々に広めようとしました。
元祖カレー南蛮の素
日本式のライスカレーは、まだ庶民の間に普及しておらず、洋食の味では日本人に馴染みが薄いために、杉本チヨが「日本の味にしたい」という想いで開発を始めます。
香辛料の配合はもちろんの事、煎る時間や火加減にもこだわり試行錯誤の末に、かつお出汁と蕎麦の香りを引き立たせ、日本そばの風味とよく合う工夫をした杉本商店オリジナル業務用カレー南蛮の素が完成しました。日本そばのつゆと軽便カレー粉を合わせたカレー南蛮の誕生です。
南蛮の意味
南蛮とは「ネギ」を表しています。カレー南蛮はもともと鴨南蛮がベースになっているので長ネギになったと考えられます。明治時代のカレーライスもネギが使われていたので、その流れで「長ねぎ」「鶏肉」「蕎麦」が好まれていました。大正時代以降は玉ねぎと豚肉に変わっていきましたが、「南蛮」はそのままの残っているようです。
苦悩の時期
明治時代後半、和服姿が主流で洋食店もまだ庶民的でない頃。和風の味とはいえ、まだ馴染みのないカレー南蛮は、「香りが強くて店の雰囲気を壊す」等の理由で簡単に受け入れては頂けませんでした。
実際に使ったお店では「食器に色が残る」「衣服に付くと染みがおちない」など、長い歴史と出汁の香りを重んじる日本そば店での評判はあまり好くなくて、老舗の蕎麦屋さんで扱って頂けるのは数件しかなっかたようです。
それでも、西洋の風味と日本蕎麦の組み合わせは斬新で、新しい味を好む人々には支えられており、いつか必ず日本人に受け入れられる可能性を秘めていました。
カレー南蛮の普及
昭和の初期には庶民の生活や食文化も大きく変わり始め、お店ごとに独自のルーを作りはじめたことも重なり、蕎麦屋さんのメニューにも《カレー南蛮》が定着してきます。
戦後、街の近代化が進み自転車とリヤカーの配達から、オートバイや自動車での御用聞きに変わることで今までより短い時間で広範囲を回れるようになり、日本そば屋さんの開店にあわせて拡張も出来るようになりました。
震災と戦災を乗りこえて
大正時代には、関東大震災の影響で店も大きな被害を受け、復興時の道路拡張も伴い倉庫と店舗の大部分が失われてしまいました。
更に、昭和の東京大空襲では店舗、工場の大半が焼失してしまいました。戦時中から復興作業が終わるまで、長期休業を余儀なくされますが、お得意様の支持もあり戦後一年余でようやく立て直すことが出来、なんとかカレー粉の製造販売も再開されます。
カレー南蛮の発展
昭和中期からルーの進化が多様となり、おいしいカレーを家庭でも簡単に作ることの出来る、多種のルーが発売されるようになります。
業務用レトルト加工食品や冷凍食品でも発売されて、今日カレー南蛮は、全国に広がる人気料理の1つとなりました。
しかし、取り扱いが容易で低コストの製品が広まる一方で、従来の軽便カレー粉を製造するメーカーが減少したことは残念です。
こだわりの手作りカレー粉
発売当初の「即席」も、今では少し手間のかかる製品になりましたが、素材の風味を損なわず味付けや色彩のアレンジが自由に出来ることから、近年ではユニークなカレー南蛮作りに使われることも増えてきました。
自動化により効率よく安定した製品を作ることが出来る現在でも、杉本商店では伝統と歴史を守る為に、特別に誂えた道具と煎り方にもこだわり、職人の手作業中心で製造しております。
永年にわたり皆様にご愛顧いただいているカレー南蛮の素が今後、ご商売の発展につながれば幸いです。

Sugimoto Shop History

明治43年に発行された
毎日のお惣菜への広告

百年前の歴史を感じる広告と明治時代のカレーレシピ

カレーライスレシピを載せて
人々に広めようとしました

明治四十三年の標章登録證

明治四十三年(1910年)の標章登録證

第四十五類カレー粉で登録

(申請は明治30年後半頃)

昭和初期の田中屋乾物部と
配達用リヤカー付き自転車

昭和初期の東京市四谷区、田中屋杉本商店乾物部

自転車での御用聞きは
相当苦労があったそうです

夕方の買い物の風景
(1932年7月)

昭和初期の買い物風景(1932年)東京四谷の田中屋

買い物客でにぎわう田中屋
昭和7年夏、食パンが16銭

当時、営んでいた大衆食堂

昭和初期の東京四谷、田中屋の大衆食堂

昭和初期の大衆食堂
現在の四谷三丁目付近